SAKURACOBO

ピーシングによるフィルム表現|逗子のちいさな工房|グラスアート|フォローアップ

LINEで送る
Pocket

グラスアートインストラクターのためのフォローアップセミナー

「ピーシングによるフィルム表現」

 

フィルムの切れ端は見せない(リード線で抑える)のが基本ルールなのですが、ピーシングを使えば、色の違うフィルム同士をピッタリ並べてデザインする事が可能になります。

 

まぁ少し慣れないと隙間が見えてカッコ悪かったりするので、熟練する事が必要ですね。

かくいう自分が、あまり使わない手法なので、これから修練致しま〜ス(^_^*)♪

 

 

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

ご質問などお気軽にお問合せください。

お問い合わせはこちら。 お問い合わせはこちら。 arrow_right
PAGE TOP