SAKURACOBO

グラスアートで家紋を描く/フランスに渡る!伝統の形をアレンジする難しさ|特注品

LINEで送る
Pocket

グラスアートで家紋を描く

フランスのトゥルーズへ転勤のお客様からのご依頼のお品です。

瀟洒な邸宅のダイニングにテーブルセンターとして飾ってくださるそうです。

日本のおもてなしの心が伝わるニクイ演出♪

ホストのセンスが光ります☆☆☆

 

伝統柄は、なるべく崩さないよう制作しますが、材料の特徴により少しだけアレンジしなければならない場面も。

とても緊張して作りました。

 

お客様の選んだ3種類と私の選んだ3種、合計6枚の家紋ガラスが、飛び立っていきました。

 

本場ヨーロッパデビューの一品!

しっかりいい仕事をしていらっしゃいな♪と送り出す親の心地です。

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

School&Shop SAKURACOBO
逗子のちいさな工房 さくら工房
グラスアート教室&ショップ

    は必須項目です。必ずご記入ください。

    お名前
    ふりがな
    メールアドレス
    ご住所
    お電話番号
    お問合せ内容
    個人情報の取り扱い 個人情報保護方針に同意し、送信する

    この記事を書いた人

    いしわたちかこ

    グラスアートの先生をしています。今後もグラスアートの素晴らしさを世に広めていけるように頑張ります。よろしくお願いいたします。

    この著者の記事一覧

    コメントは受け付けていません。

    LINEで送る
    Pocket

    関連記事RELATED ARTICLE

    ご質問などお気軽にお問合せください。

    お問い合わせはこちら。 お問い合わせはこちら。 arrow_right
    PAGE TOP